確定申告の基礎知識
●確定申告とは
●青色申告とは
●今年度税制改正のポイント
●e-taxとは
タイプ別ケーススタディ
困ったときの申告用語集
税率計算を楽にするには
年の中途で会社を退職した人で退職金をもらっていない人
 
申告書の書き方
spacer
spacer
spacer
point01
年の途中で退職して、その後、就職していない人は確定申告をしよう
年の中途で退職した人で、死亡により退職した人、その年の12月31日現在で再就職をしていない人については、年末調整は行いません。月々に徴収されている税額は、あくまで概算金額ですので、確定税額ではありません。したがってその後、再就職しなかった給与所得者は、確定申告をすることで税金が還付されるケースがほとんどです。
1ヶ所からの給与所得しかない場合には、確定申告をする義務はありませんが、申告をした方が有利なケースがほとんどなのです。
例えば、給与収入が年間103万円以下であれば、源泉徴収された金額は全額還付となります。
spacer spacer spacer
このケースにあてはまる人
spacer
spacer
spacer
1
年の途中で退職し、再就職しなかった人
spacer
spacer
spacer
2
勤務先で年末調整を行ったが、扶養や生命保険料などの控除に漏れがあった人
spacer
spacer
spacer
spacer
提出する書類・準備する書類
spacer spacer spacer spacer spacer
spacer spacer spacer spacer spacer
spacer spacer spacer spacer spacer
申告書
spacer spacer spacer
確定申告書A
spacer spacer spacer spacer spacer
spacer spacer spacer spacer spacer
spacer spacer spacer spacer spacer
添付書類
spacer spacer spacer
給与所得の源泉徴収票
生命保険料の控除証明書(控除を受ける場合)
損害保険料の控除証明書(控除を受ける場合)
国民年金の控除証明書(国民年金を支払った場合)
住民票(結婚して姓が変わっている場合)
spacer spacer spacer spacer spacer
spacer spacer spacer spacer spacer
spacer spacer spacer spacer spacer
※複数のケースに該当する場合にはそれぞれのケース及び申告書の提出時に添付等する書類等を参照してください。
spacer spacer spacer
spacer spacer spacer
spacer spacer spacer
point02
退職後、再就職していれば、確定申告の必要はない
spacer spacer
年の中途で退職した人であっても、その後、再就職していれば、再就職先で前職の分も一緒に年末調整されますので、原則として確定申告の必要はありません。
 
point03
失業給付金は非課税
spacer spacer
年の途中で退職し、雇用保険の失業給付を受けた場合の失業給付金は非課税となります。
 
point04
年末調整に漏れがあった人も確定申告を
spacer spacer
1
社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除などについて、年末調整のときに会社に申告しなかったため、控除されていないものがあるときは、確定申告により控除を受けることができます。
 それぞれ控除を受けるためには、控除証明書を確定申告書に添付する必要があります。
2
年末調整終了後から平成26年12月31日までに扶養親族が増えた場合には、確定申告により還付を受けることができます。
 
point05
還付申告は5年以内に申告すればよい
spacer spacer
この給与所得の還付申告は、退職した翌年以降5年以内であれば提出することができます。したがって、例えば3年前に退職してその退職した年に再就職をしなかった場合でも、今から申告書を提出し、還付を受けることができます。
spacer
spacer
前のページ
次のページ
spacer
ホーム
spacer

税率計算を楽にするには

spacer
Copyright © 2015 Rio Inc. All Rights Reserved.
このホームページについてのお問合せ先