確定申告の基礎知識
●確定申告とは
●青色申告とは
●今年度税制改正のポイント
●e-taxとは
タイプ別ケーススタディ
困ったときの申告用語集
税率計算を楽にするには
税制改正のポイント
平成26年分のポイント

【今年度の税制改正のポイント】

個人所得課税については、働き方の多様化への対応や所得再分配機能の回復等の観点から、見直しに向けた基本的方向性が示されており、大きく分けて@給与所得控除・公的年金等控除から基礎控除への振替、A給与所得控除の適正化、B公的年金等控除の適正化、C基礎控除の適正化の4 つの柱からなります。



≪平成30年分より適用される主な改正≫



【平成30年度の改正で平成30年分以後に適用される主な改正】

point01

給与所得控除の改正

  • (1)給与所得控除の改正
    次のとおり改正が行われました。
    @給与所得控除額を一律10万円引き下げることとされました。
    A給与所得控除額の上限額が適用される給与等の収入金額が850万円(改正前:1,000万円)
     とされるとともに、その上限額を195万円(改正前:220万円)に引き下げることとされました。
  • (2)税額表の改正
    上記(1)の改正に伴い、給与所得の源泉徴収税額表(月額表、日額表)、賞与に対する源泉徴収
    税額の算出率の表及び年末調整のための給与所得控除後の給与等の金額の表等について所要の
    改正が行われました。

point01

公的年金等控除の改正

公的年金等控除について、次の改正が行われました。
(1)控除額が一律10万円引き下げられました。 (2)公的年金等の収入金額が1,000万円を超える場合の控除額については、195万 5千円の上限が設けられました。 (3)公的年金等に係る雑所得以外の所得に係る合計所得金額が1,000万円を超え2,000万円以下である場合の控除額を上記(1)及び(2)の見直し後の控除額から一律10万円、公的年金等に係る雑所得以外の所得に係る合計所得金額が2,000万円を超える場合の控除額を上記(1)及び(2)の見直し後の控除額から一律20万円、それぞれ引き下げることとされました。


point01

基礎控除の改正

基礎控除について、控除額を一律10万円引き上げるとともに、合計所得金額が2,400万円を超える個人についてはその合計所得金額に応じて控除額が逓減し、合計所得金額が2,500万円を超える個人については基礎控除の適用はできないこととされました。また、この改正に伴い、年末調整において基礎控除の適用を受ける場合に合計所得金額の見積額を申告する等の所要の措置が講じられました。



spacer
spacer
前のページ
次のページ
spacer
ホーム

税率計算を楽にするには


spacer
Copyright © 2018 Rio Inc. All Rights Reserved.
このホームページについてのお問合せ先